RFID Battery Holders

無線ICタグ(RFID)業界での経験
MPDの電池ホルダーは数十年にわたって無線ICタグ(RFID)デバイスに電源を供給しており、当社はこの業界最大手の多くの企業と協力してきました。当社は、iButton用ホルダー数機種を提供している唯一の企業ですが、これらはコイン電池と同じサイズと形状でありながら、電池というよりは無線ICタグ(RFID)デバイスそのものです。当社はトールタグ(ETC車載器)、製品追跡、交通・物流、在庫システム、資産管理などの無線ICタグ(RFID)アプリケーションへの電力供給にも経験があります。接続の瞬断、事故による落下、長期の環境露出といった無線ICタグ(RFID)デバイス電力供給に固有の問題を知り尽くしています。当社ならどのような問題に対してもソリューションを提供できます。
画期的なソリューション
MPDは20年以上にわたって電池ホルダーの技術革新を主導してきましたが、最近発売したグライダー(Gliders)はその理由を如実に示しています。グライダーは、高い信頼性を持つ通常のホルダーに、低コストのコイン電池リテーナーを組み合わせたハイブリッド型の新製品です。ニッケルめっきリン青銅リテーナーで低抵抗を実現し、電池との密な接触を維持しており、ポリプロピレン製のトレーを差し込むとリテーナーにしっかりと固定されます。しかし、直感的に使える設計のおかげで、工具や説明書がなくてもトレーを簡単に取り外して電池を交換できます。しかも、この軽量のプラスチックトレーは物理的な逆極性保護機構も搭載しているので、電池の交換も簡単で楽にできます。
最近のケーススタディ― トールタグ(ETC車載器)
MPDは最近、トールタグ(ETC車載器)メーカー大手向けに当社のグライダー設計をカスタマイズした製品に関するケーススタディを公開しました。その中で当社は、コスト管理、組立自動化、より過酷な環境条件に適した耐久性の向上などの共通問題を取り上げています。このケーススタディの全文をご覧いただけます [こちらをクリック]。.